総合歯科で実現する安心の歯科治療

インプラント

IMPLANT

骨の少ない人のインプラント

インプラントを埋め込む部位のあごの骨の厚みや高さが足りないと、インプラントが十分に固定されなかったり、インプラントの一部が露出してしまうことなどから治療が困難とされてきました。

しかし、近年、骨の移植や骨造成の研究開発が進み、さまざまな手法が確立されています。CTなど精密な画像診断の技術も進んだことから、難症例といわれる骨量の少ない場合も患者さまに最適な手法を採用してインプラント治療を成功させることができるようになりました。

リボン歯科・矯正歯科グループでは患者さまの骨の状態に合わせて様々な治療法のご提案が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

ソケットリフト

上あごの奥歯の骨の厚みが足りず、そのままではインプラントができない場合に骨量を増やすために行います。

上あごの奥には上顎洞(じょうがくどう)といわれる空洞があり、インプラントを埋入する部位の骨が薄いと上顎洞に突き抜けてしまったり、しっかりと固定されないおそれがあります。ソケットリフトでは最初にインプラント埋入のための穴を形成し、そこから専用の器具を使って上顎洞底部にある粘膜を押し上げます。

できたスペースに骨補填材を入れて厚みをつくってからインプラントを埋入。4ヶ月ほどで骨が形成されてインプラントもしっかりと固定されます。傷口が小さく患者さまの身体にかかる負担が少なくてすむ手法です。

サイナスリフト

上顎洞(じょうがくどう)は頬の内側にある副鼻腔の一つで、サイナスリフトはソケットリフトとともに上顎洞底挙上術といわれる骨造成術の一つです。

インプラントを埋入する部位の上顎洞底の骨の高さが足りない場合に行う手法で、口腔内から上顎洞の側面にハッチのように小さな穴を開けて、インプラントを埋入する部位の洞粘膜を剥離しスペースをつくります。この穴から骨補填材を入れて骨造成(6か月以上)を行ってからインプラントを埋め込みます(2回法)。

骨充填と同時にインプラント埋入を行う1回法もありますが、残っている骨量の厚みが5㎜未満の場合は2回法が推奨されます。

GBR

GBR(骨誘導再生法)はインプラントを埋入する部位のあごの骨の幅が足りない場合などに用いられる骨造成法です。

インプラントを埋入した際、あごの骨から露出してしまうようなときに不足している部位に粉砕した自家骨や骨補填材を盛って、上からメンブレンという人工の膜で覆い、上から歯肉を縫合して骨の再生を促進させます。4〜6ヶ月ほどで骨が再生され、インプラントがしっかりと骨に結合したら、メンブレンを除去して上部構造(人工歯)の型取りをします。

あごの骨が再生させることで歯肉も自然なフォルムとなり、仕上がりが美しくなります。なお、メンブレンは吸収されるものもあります。

スプリットクレスト

インプラントを入れる部位の骨の幅が不足している場合に行う治療法です。通常はドリルを使ってインプラントを埋入する穴を形成しますが、クサビのような専用の器具を使用して埋入部位の骨を2分割してスリットを作り、スリットを拡大することで骨幅を拡げます。

スリットにインプラントを埋入し、骨との隙間に骨補填材(自家骨や人工骨)を充填し、上からメンブレンで覆い縫合、インプラント周囲の骨の再生を行います。

同様にドリルを使わない手法にリッジエクスパンジョンという手法もあります。ボーンスプレンダーというネジ状の器具を細いものから太いものへと交換していくことで穴を形成し、そこにインプラント埋入します。

ショートインプラント

あごの骨が歯周病などでやせてしまい、インプラントを埋入する部位の骨量が足りない場合は骨移植や骨造成が必要となりますが、より短いインプラント(ショートインプラント)も開発され採用することができます。インプラントの長さについては約3ヶ月経過後にしっかりと骨と結合した状態であれば、有効性において遜色はないということが多くの文献で証明されています。骨移植などの治療を回避できるので治療期間も短くすみ、患者さまの負担が軽減されます。埋め込む部位の骨が5~7㎜程度の高さがあれば、ショートインプラントは使用可能ですが、個々の患者さまの咬合力や口腔内の状態に応じて慎重に診断する必要があります。

インプラントの傾斜埋入

骨量の不足を補うための手法の一つで、インプラントを傾斜させて埋入することにより骨質の良い部位に埋入できることや、インプラントの本数を少なくできるといったメリットがあります。垂直に埋入されたインプラントと比較してその成功率には差はないということが報告なされており、安心して受けられる治療法です。骨移植や骨造成をしなくてもよくなるので患者さまの身体的負担の軽減だけでなく、費用も通常の範囲内ですみ、治療期間も長期に及びません。無歯顎(歯がまったくない症例)の場合に適応されるAll-on-4という治療法もこの傾斜埋入を利用しています。



リボン歯科・矯正歯科グループ
高田馬場
王子
三鷹
川口
羽生
船橋
つくば
仙台
南森町
リボン歯科・矯正歯科グループ提携医院
岐阜
滋賀東近江
滋賀湖南
滋賀南草津
京都出町
無料メール相談
診療予約
無料メール相談
診療予約