インプラント

IMPLANT

インプラントは高額?

インプラントは高額?

インプラントは高額?これは、治療料金の内容や内訳によるというのが答えです。歯は一生涯を通じて毎日使用するものです。生涯を通じて使用していく歯の代わりを担うインプラントに対して、金額の安さを重視し安全性や快適性に問題があるものを皆さんは選ぶでしょうか。金額が高いか安いかだけで判断するのではなく、適正なのかをしっかり確認した上で判断する事が重要です。一言でインプラント治療と言っても、医院によって内容が大きく異なります。治療料金の違いは、インプラント体、土台、治療方法、設備、滅菌対策、ドクタースキル、治療後の医院のフォロー体制などがあげられます。これらそれぞれが、治療中や治療後の快適さや安全性に大きく影響し、非常に重要な役割を担っています。例えば、インプラント体では、品質として世界基準を満たし、安全性、シェア、実績を考慮して選ぶのはもちろんですが、今ではさらに進化が進み、患者治療負担の軽減も考慮され、短期間治療に最適なインプラント体が開発されています。それに伴い、設備や治療方法、ドクタースキルも進化が必要です。シェアや実績だけではなく、治療の進化も注目すべき重要ポイントです。

また、感染症対策、滅菌対策も高い基準で行われているかが非常に重要です。感染症対策や滅菌対策は、コストに直結する為、安価を追求する為に基準を下げている医院もあるようです。当医院のスタッフの中には、前職場の医院が治療への滅菌対策が不十分だった為、リボン歯科・矯正歯科グループに転職してきたものもいます。非常に怖いことですが、料金を安くする為には仕方ないと説明されていたようです。また治療後、長期間にわたって使用していくわけですから、当然治療後のメンテナンスを通じた医院としての患者様のフォロー体制も大変重要になってきます。

つまり、料金の高い安いだけで判断するのではなく、インプラント体、土台、治療方法、設備、滅菌対策、ドクタースキル、治療後の医院のフォロー体制にしっかり目を向けて、内容が適正かをしっかり確認した上で、求めている医院かをしっかり見極める事が、非常に重要です。

  • Open or Close

    インプラント治療は、歯を失った部位にチタンの人工歯根をいれ、再び元の歯が生えてきたように咬む機能を回復できる最先端の治療法です。インプラント治療は、患者さまの症状やご希望にあわせて行います。そのためすべての患者さまに同一の治療を適応できないため、綿密な治療計画が必要です。術後のお手入れや費用などをよくご理解いただいた上で治療を始めることをお勧めします。

      検査
    基本検査
    1部位 33,000円
    顎の検査
    33,000円

    ※大きな範囲でインプラント治療をする場合、かみ合わせの改善が必要なことが多いため、顎の機能検査コンピューターを用いて調べます。(アキシオグラフ)

      滅菌・消毒費
     
    1回につき 22,000円

    ※インプラントの成功はいかに感染をさせないかにかかっています。滅菌・消毒を完璧に行うことで術中の感染のリスクを最小限に抑えます。当院ではアメリカADFAに準じた滅菌・消毒を行っています。

      インプラント埋入手術
     
    1本 220,000円
      印象 : インプラントと上部構造(かぶせ物)をつなぐ部分の型取り
     
    1本 22,000円
       アバットメント : インプラントに立ち上げる土台
    Class I(歯ぐきの色と形を整え、歯が自然にあるようにみせるフルオーダーのジルコニア製の土台です)
    1本 88,000円
    Class II(歯ぐきの形を整え、歯が自然にあるようにみせるフルオーダーのチタン製の土台です)
    1本 66,000円
       上部構造(かぶせ物)
    Class I
    1本 154,000円
    Class II
    1本 132,000円
    Class III
    1本 99,000円

    ※かぶせ物の料金は、補綴治療と同じになります。

      メンテナンス
     
    1回につき 5,500円

    インプラント治療終了後、インプラント周囲や歯に汚れがつかないように定期的にメンテナンスをさせていただきます。通常2ヶ月に一度行い、毎回来院時にお支払いいただきます。初年度は必ずさせて頂きます。

      ガイデッドサージェリーコンセプト
     
    44,000円
     
    2本目以降 本数毎 5,500円

    ガイデッドサージェリーとは簡単にいうと、CTスキャンデータを基に作成された「インプラント埋入用ガイド」を用い手術をする事により、事前に決められた位置、深さにインプラントを入れる事が出来る手術法のことをいいます。
    感覚に頼ることなく計画通りのインプラント埋入手術を行うことで、上部構造(インプラントのかぶせ物)も理想的な形態に作成することができます。また、手術時の危険部位を確認できるため、安全性を高める目的でも行います。

      抜歯即時埋入
     
    1部位 55,000円

    歯を抜いた後すぐにインプラントを埋入することです。骨の高さや幅を維持するため、結果的にインプラント手術時に骨を造成する量を少なくすませる事ができ、リスクを最小限に抑えることができます。

      静脈内鎮静
     
    1回 66,000円
      骨造成(GBR)
    軽度:インプラント手術と同時に行う骨造成(スプリットクレフトなど)です
    1本 88,000円
    重度:インプラント手術と同時に行うことができない規模の大きな骨造成です
    1本 110,000円

    インプラントをする部位に骨の量・幅・高さが足りない場合、新たに骨を作るための手術です。骨を作る範囲・量などによって治療費が変わります。

      上顎洞底挙上手術
    ソケットリフト:少量の骨の不足分を再生させる術式です
    1本 55,000円
    サイナスリフト:ソケットリフトでは補えない量の骨の再生や広範囲での再生を行う術式です
    片側 220,000円

    上顎の奥歯の部分に十分な骨の厚みがない場合に新たに上顎洞(上顎の上にある空洞)に骨を再生させるための手術です。

      骨補填材
     
    0.5g 16,500円

    骨造成や上顎洞挙上術時に必要な人工の骨です。

      ソフトティシュマネージメント
    1~2歯分の改善・回復
    1本 55,000円
    3歯以上の改善・回復
    1本 77,000円

    術後の良好な審美回復(見た目の自然な美しさ)を追求する場合、インプラントが骨と結合した後に歯茎の回復・改善までを行い、より自然に美しく仕上げるための処置です。

    ※当料金表の価格は全て税込価格です。

インプラント治療費は大きく分けて技術費用(検査、診査、外科手術費用など)と部品費用(インプラント本体やアバットメントのほか上部構造や補綴物の費用)の2種類に分けられます。術前の準備や採用しているインプラントシステムによっても価格が違ってくることなどから医院によって金額が変わると言われております。

部品費用に関しては 1本5万円~10万円の安価なインプラントを提供している医院もありますが、価格設定があまりに低いクリニックの場合はインプラントや上部構造の素材に安全面、耐久面のリスクがあったり、 滅菌・消毒に不備があることがあります。採算性を優先すれば、経験の浅い歯科医を採用して人件費を削るといったことや衛生設備や検査設備が完備されていないといったことも疑われます。結局、手術がうまく行かずやり直したり、満足できない治療となって患者さまが後悔することにもなりかねません。

リボン歯科・矯正歯科グループではインプラントは患者さまの体内に埋め込んで長期間、使い続けていただくものなので安全で耐久性があり、快適でなければならないと考え、科学的根拠の示された世界標準のインプラントを使用しております。

患者さまのあごの骨の状態にベストマッチなインプラントを

リボン歯科・矯正歯科グループでは患者さまのあごの骨の状態をCTによって精査診断し、最適なインプラントを選択しています。その際、患者さまがインプラントに合わせるのではなく、患者さまお一人お一人のその時点でのあごの骨の状態に合わせて最適なインプラントを提供できるようインプラントのサイズも細分化し、骨密度の違いにも応じて種類豊富にご用意しています。お一人の患者さまでも埋入する部位や本数等によって使用するインプラントは異なってきますので、その目的に応じたインプラントを選択できるようタイプの違ったインプラントもご用意しておくことが必要なのです。

さらにそれぞれのインプラントのシリーズに対応した手術キット(ドリル等の一式セット)のほか、各治療法に応じて専用の用具類や薬も必要となり、なかには使い捨ての器具もあります。インプラント本体だけでなく、こうした周辺機器や器材、用具を準備し、さらにはそのストックなども保管しておく必要があります。

つねに患者さまにベストな治療を実現するためには、どれ一つをとっても欠くことのできないものであり、網羅すべきものであると考えております。失敗できない歯の治療であるだけに、安全確実に治療を成功させるために必要不可欠な経費であると考えていただければ、ご納得いただけるのではないかと思います。

MEGAGENインプラント

デジタル化による安全で安心なインプラント治療をご提供するために

技術費用に含まれる術前の診査・診断・治療計画に関しては、インプラント治療を成功させるための重要なステップです。リボン歯科・矯正歯科グループではこの術前の準備のプロセスを含めて治療のデジタル化を推進しております。

リボン歯科・矯正歯科グループでは、患者さま固有の骨の形状や骨質などを的確に診断できるインプラントデジタルシミュレーションソフトウェアプログラムを使用し、入念な埋入シミュレーションを行うことで精密な治療計画を構築しています。

手術をアシストするインプラントサージカルガイドを患者さまのCTデータをもとに3Dプリンターで製作します。そのサージカルガイドに沿って手術をすることで正確で確実な埋入手術を行うことができます。神経や血管の損傷など潜在的な危険因子も治療計画の段階で回避することができるので安全で確実な手術を実現しています。

サージカルガイドを用いている歯科医院は日本ではまだ少なく、フリーハンドによる埋入手術が行われているのが現状です。

口腔状態を分析してインプラント埋入の最適な位置を決定する診断ソフト『R2GATE』を採用。サージカルガイドも3Dプリンターで製作。

徹底した衛生環境

リボン歯科・矯正歯科グループは、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整え、良質な医療を提供することが重要と考えています。

外科手術を行うため、感染防止のための徹底的な衛生管理が必要です。リボン歯科・矯正歯科グループでは患者さまに院内感染防止のために現在、考え得る世界基準の衛生設備を備えています。

  歯科専用ジェットウォッシャー ミーレ

ジェットウォッシャーは薬機法で認められた医療機器で、洗浄アームから噴射される強力な水流と専用の洗剤を用いて、感染の原因となる血液や組織といったタンパク質の洗浄効果に優れています。
その洗浄効果は、複数の第三者試験機関によってバリデーションが行われています。さらに、最終すすぎの際に水温を93℃まで上昇させて5分間の消毒を行うので、素手で触っても安全な高レベルな熱湯消毒が可能です。

  クラスBオートクレーブ “Lisa”

オートクレーブのヨーロッパ規格(EN13060)では、どのような器具を滅菌することができるかにより、クラスN、クラスS、クラスBの3つのクラスに分類されます。
もちろんクラスBは最上位で、大型滅菌器の規格(EN285)に準拠した滅菌サイクルによって全ての種類の器具を滅菌することができます。また、クラスBオートクレーブ “Lisa” には、「プリオン135」というプログラムがあり、WHO(世界保健機関)より発行された「伝播性海綿状脳症に関する汚染除去法」に基づき、プリオンを不活性化させることができます。完全な状態の滅菌が可能です。

  クアトロケア

クアトロケアは、歯の切削やインプラント治療時のドリルに用いるエンジンやタービンなどのハンドピースの内部を洗浄・注油を自動で行う機械です。このクアトロケアで、内部を洗浄、注油したあと、クラスBのオートクレーブ “Lisa” にかけて、内部まで完全滅菌していきます。

口腔内に使用する器具、ハンドピース、ドリル類、手袋等について、すべてを患者さまごとに交換しております。

そのほか感染から守るために治療室内の換気の徹底、ディスポーザブルグローブ、微粒子用マスク、また安全基準を守るためのスタッフミーティングを行い細心の注意を払っています。OSHA(アメリカ労働安全衛生局)の基準を満たし、ADA(アメリカ歯科協会)の推奨する方法を行っています。

こうした衛生設備は患者さまに心から満足して治療を受けていただくためのものであり、どれ一つが欠けても安全で安心なインプラント治療はご提供できないと考えています。

納得のいくクリニック選びを

インプラントは体内に埋め込んで長期間、使い続けるものなので安全で耐久性があり、快適であることが求められます。価格設定があまりに低いクリニックの場合はインプラント自体の品質が保証されていなかったり、CT検査の省略や手術の際にガイドシステムを採用しないなど治療プロセスにおいて安全性や確実性がないがしろにされている可能性があります。

安心して治療を受けて頂くためにはある程度の費用が必要になることを踏まえて、過去の症例実績や治療方針などから判断して信頼できる医師をみつけだし納得のいく治療を受けることをお薦めします。

リボン歯科・矯正歯科グループでは3,000症以上の治療実績から患者さまの健康状態、口腔内の状況、経済的事情を総合的に判断し、患者さまにあった治療計画のご提案をさせていただきます。特に期間短縮を実現した1dayインプラントは患者さまの精神的・肉体的・経済的な負担の軽減するインプラントとしてご好評を得ています。

医療費控除について

患者さまのご負担を少しでも抑えることが出来る制度として医療費控除があります。医療費控除とはご自身や家族の為に医療費を支払った場合、一定額の所得控除を受けられる制度で、インプラントの治療費も医療費控除の対象となります。

1年(1月1日から12月31日まで)に支払った医療費が10万円を超えた場合、または治療費が10万円以下でも、所得金額の合計の5%を超えた場合は控除の対象となり、支払った税金の一部が還付され、還付金額は最高で200万円となります。医療費控除はあくまでも支払った医療費を考慮して税金が再計算されるという制度で、全額戻ってくるわけではありません。

治療が年をまたいで行われた場合は、それぞれの年に支払った医療費の金額を各年分の医療費控除の対象として申請することになります。

治療のための通院費(付き添いも含む)も医療費控除の対象になりますので通院した日にちと交通費の金額を記録しておくことをお勧めします。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は医療費控除の対象になりません。

控除される金額の計算方法

医療費控除額=[ (1年間に支払った医療費の合計) - (1) ] - (2)

(1)の金額
健康保険などで支給される高額療養費や家族療養費など、保険金で補てんされる金額。

(2)の金額
その年の総所得金額が200万円以上の場合:10万円
その年の総所得金額が200万円未満の場合:総所得金額の5%の金額



リボン歯科・矯正歯科グループ提携医院
岐阜
滋賀東近江
滋賀湖南
滋賀野洲
滋賀南草津
京都河原町
京都出町
無料メール相談
診療予約
無料メール相談
診療予約