総合歯科で実現する安心の歯科治療

小児矯正

CHILD ORTHODONTIC

  • Child Orthodontics

    リボン歯科・矯正歯科グループでは、矯正治療において小児矯正の期間を重要視しております。顎の骨が成長しきる前に治療を開始することで、お子様の日常生活や思春期~成人までの期間における精神的・身体的な健康に深く寄与すると考えるからです。
    治療方法としては、マウスピース矯正をはじめワイヤー矯正など、お子様の状態にあった治療方法をご提案しておりますが、特にマウスピース矯正に関しては世界基準の矯正器具であるインビザライン®を使用しております。世界基準の透明なマウスピース型矯正装置で、目立たない矯正治療として人気が高いです。当医院では6歳から使用できるインビザライン®ファーストを導入しており、従来10代以降の治療で用いられたインビザライン®を小児歯科においても使用できるよう環境を整えております。

    小児矯正とインビザライン
      小児から歯列矯正を始めるメリット

    大人になってから顎の骨を広げる場合、骨が成長しきっていたり、親知らずにより歯並びが崩されていたりなど歯を並べるためのスペースを確保するために抜歯を伴うケースも少なくありません。
    骨が成長中で軟らかく未成熟で永久歯が完全にはえそろっていない小児の時期に矯正をはじめる事により、スペースを確保したりアゴを広げたりすることが容易になり、将来的な抜歯の可能性を減らし、なおかつ移動後の歯が早くから安定するメリットがあります。

      見えない矯正による思春期特有のコンプレックスの緩和

    矯正治療中は、矯正装置が目立つため他者からの視線や使用感などがどうしても気になってしまう場合がありますが、成人以上に小児~思春期の時期の矯正治療は精神的な負担が大きくなりやすいです。
    成人の矯正治療は「自分の意思」で行うため、ワイヤー矯正でも目的とメリットを自分で理解して頑張れます。しかし、お子様の大半は「自分の意思ではなく、やらされている」という心のストレスがかかっています。
    見えない装置で矯正したいというのは学童期の子供の方が大きいです。見えない矯正である「インビザライン」では、見た目のコンプレックスを取り除くことができ、思春期の心身における健全な成長を促し、学業への影響を減らすことができます。

      インビザライン®ファーストの特徴

    ・従来の小児矯正の場合
    主に顎の大きさを広げる治療が行われています。治療に使用する装置としては取り外し式、固定式のものがありますが、いずれも顎の成長をコントロールすることを目的としています。それによって歯並びが自然にきれいに並ぶこともありますが、多くの場合それだけでは歯並びまで整えるまでには至らず、その後も成人矯正として矯正治療が続く場合がほとんどです。

    ・インビザライン®ファーストの場合
    「顎の大きさを広げる」ということと「歯並びをきれいに整える」ということを同時に行うことができる
    のが大きな特徴です。
    従来の小児矯正では時期を2度に分けて(小児矯正→成人矯正)行っていた治療を、インビザライン®ファーストでは同時並行で行うことができます。これにより、矯正治療の期間の大幅な短縮が可能になり、余計な治療費がかかることもなく、お子さんにとっても親御さんにとっても負担が軽くなりました。

      インビザライン®ファーストのメリット・デメリット

    ●メリット

    • 見た目がコンプレックスにならない
    • 虫歯になりにくい
    • 食事がこれまで通りできる
    • 歯並びもきれいに整う
    • 違和感が少ない
    • コンピューターシュミレーションを使用する事で萌出途中の歯並びにも対応
    • 痛みなどのトラブルが起こりにくい
    • 使用法が簡単
    • ワイヤー矯正に比べ楽器やスポーツなど趣味に与える影響が少ない
    • 治療期間を短くできる
    • マウスピースの紛失に対する保証システムがある(要確認)

    ×デメリット

    • 毎日装着しないと効果が現れない

    インビザライン®ファーストは、取り外しできるのが大きな利点ではありますが、逆にきちんと決められた時間装着しなければ効果が現れません。
    そのため、お子さんだけで管理するのは難しく、親御さんによる協力が大事になってきます。ただし、これは従来の小児矯正の場合の取り外し式装置の場合でも同じことが言えます。

    • 適さないケースもある

    歯並びや顎の状態によっては、インビザライン®ファーストによる治療が適さない場合もあります。その場合には従来型の装置による治療が適用されます。

      インビザライン®ファーストQ&A

    Q.インビザライン®ファーストでの矯正治療は何歳から可能か?
    A.インビザライン®ファースト6歳から可能な矯正装置ですが、矯正を開始できるタイミングは成長の個人差にもよりますので、担当医に御相談ください。

    Q.歯を動かす痛みはどのくらいあるの?
    A.マウスピースは歯を動かす力が決められているため、痛みはほとんどありません。新しいマウスピースを装着する時に、少しきつい感じがある程度ですが、3時間程で慣れる方が多いです。
    ワイヤーを使用していないため、口の中を傷つけることもありません。

    Q.歯が萌え途中でも治療可能か?
    A.可能です。インビザラインはあらかじめコンピューターシュミレーションで歯の大きさを計算してスペースをつくることができるので、成長に合せて効率良く治療を行うことができます。また、途中で歯が萌えて来た場合、歯型をおとりして新しいインビザラインをオーダーできます。この場合も追加の費用はかかりません。

    Q.マウスピースをつけて日常会話に支障はでるか?
    A.初めての時は、慣れないこともありますが、2、3日すると違和感なくお話しできる場合がほとんどです。

    Q.マウスピースをつけたまま運動は可能か?
    A.可能です。ワイヤーの場合、激しいスポーツの場合、人とぶつかって口の中が(ワイヤーにより)切れるということが多くあります。マウスピースの場合その心配はありません。

    Q.子供でも続けられるかが不安
    A.マウスピース矯正の場合、ワイヤーと大きく違うのは、マウスピースを決められた時間装着しないと歯が計画通りに動きません。装着していなかったからダメ、ではなく、装着していられるよう、お子様ご本人と話し合いながら進めていきますが、親御様のご協力も必要になります。

    Q.マウスピースを紛失、破損してしまった場合は?
    A.インビザライン®ファーストは、マウスピースを紛失したり、破損した場合に6個までは無償で交換することができます。
    初めは心配される保護者の方も多いですが、治療が進むうちに、マウスピースの管理もご自身でできるようになるお子様がほとんどです。

    Q.海外へ留学する予定があっても大丈夫?
    A.ご両親の転勤や、引っ越し、留学など、ご予定が決まりましたら教えてください。
    インビザラインは、コンピューター上で治療の内容を管理しているため、治療を継続できる場合がほとんどです。また、インビザラインは緊急性(装置が外れてしまったり、それにより痛みが出てしまうなど)の低い治療ですので、年に1,2回通院していただける場合には、その間のマウスピースをお渡しできる場合もあります。

    Q.虫歯になる可能は?
    A.従来のワイヤーによる矯正治療は、歯ブラシも難しく、ワイヤーを外した後の多発性虫歯が問題になっていました。インビザラインでは、マウスピースを外して歯ブラシができるので、お口の中を清潔に保つことができます。この時期に、歯に対しての意識を高めることで、虫歯になりにくい環境作りのお手伝いをしていきます。

    その他、ご不明な点は担当医までご質問ください。

    インビザラインのアクセサリー
    「スティカブルズ」

    インビザライン・システムのクリアアライナー外側に装飾を施すことのできるステッカーアクセサリー「インビザライン・スティッカブルズ」。

    様々なデザイン、色、形、テーマで展開しておりますので、自分好みにインビザライン・アライナーをカスタマイズでき、より楽しく魅力的な治療期間になります。

    リボン歯科・矯正歯科グループ
    高田馬場
    王子
    三鷹
    川口
    羽生
    船橋
    つくば
    横浜関内
    仙台
    南森町
    リボン歯科・矯正歯科グループ提携医院
    岐阜
    滋賀東近江
    滋賀湖南
    滋賀野洲
    滋賀南草津
    京都河原町
    京都出町
    無料メール相談
    診療予約
    無料メール相談
    診療予約